みんな、さようなら。また会いましょう!


とうとう東京から離れる日が来ました。

朝から2トントラックが2台やってきて、
業者さんはあっという間に荷物を運び出し、
部屋は空っぽ状態になりました。

最後に写真を撮っておきましょう。
ベランダから見下ろす庭の木々。花。
そして玄関を出ると遠くに見えるスカイツリー。

管理人室に鍵を返却に行くと、
「寂しくなるね。」とお菓子を少し持たせてくれました。

ここは棟が複数の大きな団地。
いつも複数の管理人さんが常駐しており、
訪ねると、お茶菓子や缶ジュースなど用意されていて
よくごちそうになったものでした。

挨拶をすませ、そのまま東京駅に向かいました。

これまでにない不思議な感覚です。

今日は出張ではないから片道切符。
それにもうここには私が帰る場所がないのね。

長年暮らした東京を離れる寂しさが
徐々に込み上げてきました。

でも、
そう、でも、と心の中で自分に言い聞かせます。

転勤を選んだのは自分。
それに未知の土地でもなく、
大阪の社員とも長年のお付き合いだし、
きっと大丈夫。

新幹線に乗り込むと、
前向きに捉える自分がいました。

「みんな、さようなら。また会いましょう。」

昼下がり、車窓の景色を目で追いながら、
これまで出会ったすべての人たちに感謝したいと
思わずにいられませんでした。

だっていろいろな経験をさせてもらうことができたんですもの。

人生の岐路で違う選択をしていたら
また違う出会いや経験があったでしょう。

でも私はこれでよかったと思います。

そして、大阪の地で新しい出会いが待っている。
日本第2の都市、大阪。

これからどんな出会いが待っているのでしょうか。





Copyright © 縁って本当に面白い!そしてちょっぴり切ないかも All Rights Reserved.